FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.05.04 (Mon)

毎晩7時のニューヨークのサウンド

感染の拡大が止まったと言われるニューヨークから特派員の続報です。
この写真はつゆこ特派員が撮ったブルックリンの彼女自身のコーポラティブハウスの入り口に貼りだしたサンキューカードです。(よく見るとつゆこさんの眼から上が写り込んでいます。)
qasMG_0220.jpg

ミューヨークでは医療崩壊が危ぶまれた3月の中ごろから自然発生的に、毎日午後7時に、救命活動にあたっている医師、看護師をはじめとする医療従事者、警察官、食料品店の労働者、地下鉄メトロ労働者、トラックの運転手といった、人々の生活ために最前線で仕事に従事する人々に向けて、感謝の意を込めた拍手や歓声、カウベルの音、鍋をたたく音が鳴り始めます。このカードもその一環です。

ニューヨークタイムスのアンディ・ニューマンがこの活動をレポートしています。
qa12ozuwarudoプチャ

このアドレスから動画をどうぞ。
https://www.nytimes.com/interactive/2020/04/10/nyregion/nyc-7pm-cheer-thank-you-coronavirus.html
qa0eaaaチャ

qa6awerプチャ


ニューヨークの人中心のclap for carer(医療従事者らへの拍手を)


ブラジルのリオデジャネイロのコルコバードの丘にある巨大なキリストの像のclap for carer(医療従事者らへの拍手を)プロジェクションマッピング。


clap for carers(医療従事者らへの拍手を)発祥のロンドンの様子。


日本でも医療従事者に感謝の気持ちを込めて毎週金曜日の正午に拍手で感謝の気持ちを伝える“フライデーオベーション”や建物への“ブルーライトアップ”が各地で行われている反面、感染患者を診たというだけで、医師や看護師など医療従事者やその家族がいわれなき誹謗中傷を受ける事例が各地で起こっています。荷物を届けに来た宅配業者に、消毒スプレーを浴びせかけるという酷い事をする人もいるようです。


人々が、これまでに経験したことのない見えないウイルスに不安を抱いているのは当然です。しかし、人々の生活のために最前線で働いている人たちには感謝して拍手を送りたいです。


テーマ : ニューヨーク - ジャンル : 海外情報


人気ブログランキングへ
15:00  |  ニューヨーク特派員レポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1948-bd490c0a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |