FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.08.11 (Wed)

炭火焼フレンチ Botan 福島区福島3

今日は久々に長い記事です。

毎年子供の夏休みのこの時期に、ニューヨークから帰ってくる友人と仲間で
食事となりました。この日は10人集合で、なんと男は私だけという恐ろしい
シュチエーションとなりました。密かに「勇気あるやん」と言われてたようです。

場所はJR福島駅三番出口から南へすぐの「炭火焼フレンチ Botan」です。
この灯りのついているところです。この辺は本通から一本入るだけで、
ガラッと雰囲気が変わります。写真の明るいところです。
IMG_0278.jpg

お店の入り口です。壁色が南仏って感じでしょうか。
IMG_0281.jpg

女大勢は(特にこの面子達は)やかましいので、今日は自主的に2階席を選ばして
頂いたそうです。
IMG_0258.jpg

今日も暑かったのでビールでスタートします。
IMG_0259.jpg

二段重ねの四角い陶器の器に入って、最初の料理が登場しました。
IMG_0265.jpg

前菜です。色々入っています。まず、
活ダコのマリネバジル風味とラタトゥーユ
IMG_0263.jpg

田舎風白金豚のパテ
フォアグラのパルフェ
淡海地鶏の炭火焼
パルマ生ハム
IMG_0261.jpg

フォアグラのパルフェはパンでいただきます。
IMG_0269.jpg

白身の魚でしたが何だったか忘れました。
IMG_0262.jpg

Botan風ニースのサラダ中にマグロとイチジクも入ってます。
この皿で3~4人分です。
IMG_0271.jpg

この辺でお酒はワインに変わります。本当は白なのでしょうが、
お店のソムリエさんに、料理に合う赤をひねり出してもらいます。

ココまで食べ進んできて、コチラは「炭火焼フレンチ」というサブタイトルですが、
「南フランス風炭火焼」と言うのが正しいのではと思います。
鮮魚の炭火焼です。今日はチダイです。
IMG_0273.jpg

出ました!コチラの名物タジン鍋です。
でもコレはモロッコ料理です。いよいよこのお店のカテゴリーが複雑です。
南仏と解釈すれば、同じ地中海だからいいのでしょうか。
何にしても、ウマければ良いかと...。
IMG_0274.jpg

野菜中心です。野菜から出たスープが下にたまっています。
本格的なタジン鍋は初めてです。野菜の味がしっかり出ています。
スープもウマいです。器にとって、上からクスクスをかけるようにと
言われましたが、私はこのままがいいです。
タジン鍋が欲しくなりました。
IMG_0275.jpg

黒毛和牛の炭火焼
IMG_0282.jpg
この皿はもう少し前段で出して欲しかったです。そろそろお腹のキャパが...。

肉の皿が続きました。骨付仔羊の炭火焼とフランス産シャラン鴨の炭火焼
IMG_0285.jpg

リゾットです。カニ身が入ってます。
IMG_0287.jpg

味見程度で私はカンニンです。
IMG_0289.jpg

デザート。
IMG_0291.jpg

落ち着いた隠れ家的な雰囲気で、女性仲間やデート使い向きのお店です。
今日は量が多かったですが、野菜が多くて、肉も魚も基本が炭火焼きなので、
料理全体は軽い感じです。
料理の説明は丁寧すぎるほどしてくれます。
結局ビールの後のワインは3本空けました。
一人6000円でこれだけ楽しめるのはお勧めです。

お店を出る時にオーナーシェフとお話しました。
私がボタンという店の名の由来を聞くと、
「ウ~ン、話せば長いのですが、スイッチを押す方のボタンです。」って。
何か深い意味がありそうです。

炭火焼フレンチ Botan

大阪市福島区福島3-14-5
06-6451-3355
17:30~02:00(L.O.12:00)
日曜定休

今日も拍手ボタンと人気ブログランキングボタンをポン、ポンと押して頂ければうれしいです 。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市福島区


人気ブログランキングへ
17:54  |  フレンチ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/364-f888bfee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |