FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.08.30 (Mon)

夏の すし屋台  大阪市淀川区十三本町

一ヶ月の間帰国していたニューヨークの友人家族が帰国間近となり、
マンハッタンやブルックリンあたりではなかなか味わえない夏の寿司ネタを
堪能しようということになりました。
IMG_0544.jpg

私が良く行く「すし屋台」は一度入店してメール登録すると、
定期的にこんなメールが届きます。
そして「すし食いてぇ」状態になります。完全にお店の術中にハマっている私です。
//////////////////////////////////////////////////////////
ベルギービール・フェア第2弾!!専門店以外では滅多に飲め
ない驚きの旨さ「樽生!」の「ヒューガルデン・ホワイト」期
間限定の発売です。初めての方には認識の変わる「旨さ」に驚
いて頂けるはずです。これを日本一安い(多分)ワンコインの
500円でご提供です。予定数量完売次第に終了いたしますの
でお早めに!
加えて、今回のメールクーポンは前回の「台湾風エビマヨ」「
スモークサーモンとフルーツトマトのカプレーゼ」、釣り物の
「炙り太刀魚のワサビオイル」禁漁直前の「礼文、利尻の空輸
塩水うに」一番美味しい夏の近海物「本まぐろ」の爽やかな「
赤身」、今だけ仕入れのブリ科の最高級魚「旬の平政」最高レ
ベルに達した「炙りはも」、「底物、釣り物の特選白身」以上
8貫を日替一部変更して1980円でメールクーポンです。今回の
符牒は「秋刀魚高騰(サンマコウトウ)」で承ります。(8月30
日まで有効)
/////////////////////////////////////////////////////////

着席するなり「秋刀魚高騰(サンマコウトウ)」をコールして、
お勧めのヒューガルデン・ホワイトビールで乾杯です。
IMG_0508.jpg
なるほど....。アサヒスーパードライの最初にキッとくる感じがなくて、
すし飯の味を邪魔する余分な麦芽臭がありません。行けます。

今日のお勧めボードが目に入ります。
IMG_0506.jpg
ズームせずに撮ったのでボケピンです。

スモークサーモンとフルーツトマトのカプレーゼです。
爽やかです。さすが夏メニューです。
IMG_0509.jpg

夏の近海物本まぐろ赤身と平政です。
IMG_0511.jpg

ドライトマトと活けタコのカルパッチョ。
タコの吸盤と風味ジュレと巻いてある薄いズッキーニの舌触りが楽しいです。
IMG_0520.jpg

炙り秋刀魚の肝醤油添え。
肝醤油が濃縮した秋刀魚の味を引き出します。
これはウマいです。
IMG_0512.jpg

炙りはもを挟んで、禁漁直前の礼文の塩水うに。
行く夏を感じます。
IMG_0516.jpg

ここでスキッとした白ワインを頂きます。
甲州のアルガブランカクラレーザ。
IMG_0526.jpg

台湾風エビマヨ
IMG_0518.jpg

炙り大トロ。濃厚です。
IMG_0517.jpg

サザエの壷焼きエスカルゴ風。
ニンニクとオリーブオイルがいい感じです。
IMG_0522.jpg

焼き穴子。
IMG_0523.jpg

北海道厚岸の生秋刀魚。
初秋の最初の油を身にまとった秋刀魚の生はたまりません。
IMG_0529.jpg

この味受け止めるのはやはり芋焼酎でしょう。
という事で左藤の黒です。
IMG_0533.jpg

赤貝いきま~す。
IMG_0532.jpg

ドラゴンボールです。
いつもの鰻とアボガドとワサビのバランスがイイです。
IMG_0535.jpg

〆は泉州の水なす。
IMG_0539.jpg

春のすし屋台はコチラ。

十三すし屋台

大阪市淀川区十三本町1-23
06-6390-0639
17:00~23:30
不定休(日曜は営業)

今日も拍手ボタンと人気ブログランキングボタンをポン・ポンと押して頂ければうれしいデス 。

テーマ : 寿司・鮨・すし - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市淀川区


人気ブログランキングへ
22:49  |  寿司/天ぷら/鰻/カツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/372-03b9b5ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |