FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.01.18 (Tue)

広島平和記念公園

寛平ちゃんも走り出す前にここに来ました。もうしつこいか。

午前に会うクライアントが急用でキャンセルになりました。
すぐ大阪に帰っても良かったのですがホテルからたった5分の距離で、
朝8時半から開いていると聞いて、来てしまいました。広島平和記念資料館です。
実は今までくる勇気が出なかったところです。
IMG_1982.jpg

覚悟して展示を見ました。吉永小百合さんのナレーターガイドも聞きました。
長年そのままのところが多い所為か、展示手法に古さを感じますが14万人を
一気に死に追いやった記録を見ました。
IMG_1985.jpg
(館内はストロボを焚かなければ写真OKでした。)

8時15分の腕時計の前でジーッと動かない女性がいました。
IMG_1984a.jpg

私は昔、アメリカのある空軍基地の資料館で突然にバッタリと原爆を投下したB-29
エノラ・ゲイと対面した事があります。確かそのコーナーの展示には
「太平洋戦争を終わらせた...。」という乗員パイロットと機体を賛美するコメントはあっても、
14万人を瞬時に死に追いやった記述などは一切なく。悲惨な写真もありませんでした。
展示はふつうに触れるものだったので、思わずグーで殴りました。
(ネット上にその空軍基地の現在の展示がありました。)
ピクチャ 22

お参りしました。
IMG_1989a.jpg

公園をしばらく歩きます。
川向こうの原爆ドームと説明ボードです。
よくこのドームの真上で爆発したと言われますが、正確には東に150mのところです。
IMG_1990a.jpg

コレだけの記念公園施設ですから、爆心も有名なはずですが私は知りません。
いろいろ見回ってもそんな案内はありません。

エノラ・ゲイが投下の目印にしたという有名なT字橋の近くの石碑に爆心の略図があって、
そちらの方角に歩きます。

ちょっと迷いました。それは町中の通りの外科内科医院の看板の下にポツンとありました。
茶色いのがそうです。
IMG_1994.jpg

その碑です。何とも言えない気持ちになります。
IMG_1991.jpg

重たいPCの入った鞄を取に記念館のロッカーに戻ります。出入り口横に大きな時計があります。
IMG_1996.jpg
上は広島に原爆が炸裂した時間から現在までの経過時間で、下は一番直近に行われた
核実験からの経過時間です。残念な事にコチラはどんどん更新されます。

You Tubeに日本のTVで放送されたのでしょう。こんなものがありました。
英語のロング版もありましたから元はアメリカでつくられたものでしょうか。


一日も早く核兵器の無くなる日がきますように。

今日も拍手ボタン/人気ブログランキングボタンを押して頂ければ幸いです。

テーマ : その他 - ジャンル : その他


人気ブログランキングへ
20:24  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

涙・・・

永遠に忘れてはいけない人類のミステイクですね・・・
kouichirou kawamoto |  2011.01.18(火) 22:27 | URL |  【編集】

広島は学生時代に行きましたが、爆心地は見つけられませんでした。
長崎は非核宣言自治体協議会の幹事として資料館、慰霊碑、平和公園などを何度か訪れました。
長崎では爆心地が公園になっていて、中心から等心円が幾重にも描かれています。
僕は特に霊感などを感じたことがなかったのですが、この公園に入った途端に全身のうぶ毛が逆立ち、身体がびりびりと震えました。
そこが爆心地のある公園とは知らされていなかったのに、です。
黙祷をささげたときには、胸が詰まり、気がつくと涙目になっていました。
周りの人も同様です。

被爆者の方からお話をお聞きしましたが、原爆の殺傷力は想像を絶するもので、数キロ先にいた方も衣服が一瞬で燃え、全身火ぶくれになったそうです。
You Tubeの映像の比ではありませんね。

オバマ大統領就任時の核軍縮演説は一条の光でしたが、昨年5月の核不拡散条約の再検討準備委員会も不発に終わってしまいました。
一地方都市に何ができるか分かりませんが、できる限り自分が学んだことを伝えていきたいと考えています。
ダツマ |  2011.01.23(日) 22:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/446-5611d6a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |