FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.02.13 (Sun)

今年も2月6日に熊野のお燈まつりがありました

エジプトのムバラク大統領は若者らのインターネットを触媒に起爆した怒りで失脚しました。
今更ながらにインターネット社会のすごさを感じます。

さて、11日は大阪も3年ぶりの積雪になりました。
雪だるま(北海道生まれの大阪人は雪がうれしいのです。)をつくる間もなく、
半日で溶けてしまいました。うちの東向きの窓から午前8時ころに撮影。
IMG_2301.jpg

知り合いから回ってきたなかなかスゴい写真、昨年2010年の神倉神社お燈まつりの
琴引岩で大松明に点火直後の3人の介錯人です。
Epson_0696_1.jpg

今年も和歌山新宮市のお燈まつりに誘って頂いたのですがとうとう行けませんでした。
例年参加の友人からは「今年は温かくて良かった、禊ぎの海岸にはテレビカメラが
10台も来てたで、」という報告がありました。

そう、昨年のお燈まつりはとんでもなく寒かったです。禊ぎの海岸では歯の根が合わず
ガチガチのブルブル。山上では松明の点火までシンシンと降る雪に耐えてましたっけ。

行けるかな、どうかなと正月始めにYou Tubeを見ていたら、何と昨年2010年のちゃんと
編集された和歌山放送の前編/後編の動画があるではありませんか。
これで祭りの全体像が良くわかります。

そして、な、何と、前編の新宮市王子ヶ浜での禊ぎのシーンに私のフンドシ一丁姿も。
和歌山放送は許可なしで、人の顔出し、尻出し映像を公開していいんかァ!! と思いましたが、
まあ、神事ですし、せっかくですからこのデザウマで使わせて頂く事にしました。

アッ!!コレコレそんな見苦しいものはサラッと流すに限りますよ~。
1年間ジムをサボっていたら3キロも肥えてしまい、この祭りを堺にジム通いを再開して
まさか1年後に、己のポッテポテの姿を見せられるとは思いませんでした。
誰かが原田芳郎さんを見たと言ってましたが、確かに参加されてましたね。

今年は2月6日が日曜日とあって(昨年は土曜日) 上り子は2274人と少なかったようです。
「上り子」と呼ばれる白装束姿に腰縄を巻いた男たちが、山上の「ゴトビキ岩」ご神体の
周囲に集合して。山門が開かれると、雄たけびを上げて飛び出して538段の急な石段を
駆け下りる勇壮なお祭りです。

祭りの舞台となる神倉神社は世界遺産・熊野三山の一つ、熊野速玉大社の摂社です。
炎は夜空を赤く染めて光の帯となり、ふもとへ流れ落ちる様は「火の滝下り竜」と歌われます。
1400年前から伝わる女人禁制の伝統の神事で熊野地方に春を呼ぶ祭りといわれます。

参加した友人が「行かれへんのなら何かお願い事聞いて行こか」とやさしい言葉を
かけてくれました。甘えさせていただいて「家内安全/商売繁盛」と託します。

どうぞ、みなさんの元にも「家内安全/商売繁盛」が届きますように。
今日も拍手ボタンと人気ブログランキングボタンを押して頂ければうれしいです。

テーマ : お祭り&行事 - ジャンル : 地域情報


人気ブログランキングへ
00:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/457-c95bad04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |