FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.04.21 (Thu)

緊急のお知らせです。ドイツ気象庁の予報が変わりました。

昨日書いた記事のドイツ気象庁の予報が変わりました。


こういう情報は出した限りはフォローせねばなりませんので、連日のお知らせです。
風向きがかわりました。
今回は東京都を含む関東平野から伊豆方面への福島第一原発の放射性物質拡散は
ない見込みです。

4/21(木)高気圧の影響で風は穏やかですが風向きは定まりません。
日本上空は南または南東の風に支配され、粒子はおおむね内陸部へと
運ばれて行くでしょう。

ドイツ時間21日06:00日本時間21日15:00
ピクチャ 5b

ただ、東北地方、特に秋田県と青森県、岩手県、山形県の全域に広がります。
どうぞそちらの地域の方は外出を避けた方が良いでしょう。

4/22(金)南の風はこの日も留まる見込みです。粒子の大部分は主に福島から
仙台を越えて盛岡までの一帯にかけて飛散して行くでしょう。この日の午後には
降水が予想され、大気中の粒子は雨により降下してくる見込みです。
ドイツ時間22日00:00日本時間22日09:00
ピクチャ 6b

4/23(土)風は強さを増し、夜になり西の風に変わるまで日中は南の風に
支配される見込みです。その為大気中の粒子は主に北へと運ばれて行くでしょう。
ドイツ時間23日00:00日本時間23日09:00
ピクチャ 7b

ドイツ気象庁 (DWD)による粒子分布シミュレーションの日本語訳はココ。

でも、やっぱりこんな気象図を見ていると、原発から半径20キロや30キロが避難や警戒域と
言っている国や役所に疑いを持ちます。だって、明らかに汚染域は上、つまり北に伸びています。
アメリカが最初に避難域は半径80キロと言った意味がここにあった訳です。

取り急ぎ前日の記事を修正いたします。

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
14:03  |  地震津波被害と原発問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/494-8d899f20

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |