FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.05.03 (Tue)

餃子はそれぞれの家庭でいろんな作り方があるようです

IMG_3359.jpg
餃子はそれぞれの家庭でいろんな作り方があるようです。うちの家族は全員函館生まれで、
私は小学生から大阪で暮らしなのに、家で餃子をつくる習慣がありませんでした。
もちろん家にタコ焼き器もありませんでした。

私にとっての餃子は高校時代に、仲間と行ったJR阪和線の美章園駅ガード下の店が、
初めての餃子ででした。ウマかったのですが、それより餃子が大阪では普通の家庭で、
年中つくられている事を知って驚いたもんです。

中国出身の仕事仲間が会社にいた時に、手づくりの皮のウマを知りましたが、
私には難し過ぎて皮はつくれません。そう言えば昨年の今頃にデミ姐さんちの
餃子パーティがあってあの時の手づくりの皮はウマかったです。もう一度食べた~~~い。

前置きが長くなりましたが、デミ姐屋でめずらしい葉ニンニクを売ってましたので、
餃子のニラの代わりに葉ニンニクを使ったらウマイで、と聞いてやって見る事に...。
関西ではまだ葉ニンニクは馴染みがないのですが、高知県では普通に食べられていると
聞きました。みのもんたの「秘密のケンミンショー」で、ブリ刺身を葉にんにくのヌタで、
食べているのがカミングアウトでした。

これが葉ニンニクです。見た目はなんちゃらネギですが、刻むとニンニクの匂いです。
高知葉にんにく
久野農園さんのサイトのレシピを貼っておきますが、各ご家庭の作り方で良いかと。

 材料(ざっと餃子約40個分という感じ)    調味料
★白菜・・・・・4分の1カット      ★ごま油・・・・小さじ1
★葉ニンニク・・半束(50gくらい)  ★塩・・・・・・ひとつまみ
★豚挽き肉・・・200g位        ★砂糖・・・・・小さじ2
★しょうが・・・3cm大ひとかけ 

材料を刻んで、調味料と合わせて混ぜます。   
IMG_3330.jpg

こんな感じで皮に包んでいきます。
IMG_3331.jpg

なかなかカッコイイ餃子です。いいデザインです。
IMG_3332.jpg

美しい放射形状に並べてみました。デザイナーですから。
うちの焼き方は着火前にタラ~と油を回しかけて、1カップの水を入れます。
IMG_3346.jpg

グツグツとして来て、およそ火が通って余分な水があれば捨てます。
IMG_3348.jpg

上はふっくらで下はカリカリ感を狙います。くっついて見えますが、一つ一つはホロッと取れます。
IMG_3353.jpg

狙い通りです。
IMG_3355.jpg

ホワッホワのカリッカリです。葉ニンニクは香りがいいです。ウマいです。
IMG_3362.jpg
葉ニンニクの季節は秋から春先ころで、そろそろシーズンが終わります。
沖縄や高知県では盛んに食されるこの葉ニンニク、栄養価も高くて、匂いも後を引かないし
大阪でも普通に年中手に入ればいいのに、と思います。
葉ニンニクや餃子以外のレシピもココに沢山あります。

これまでつくった餃子の中で、ヒット作はスルメ入り餃子でした。
スルメを細かく切って、ネタに混ぜ込むだけですが、イカの香ばしいウマ味がイイ感じ。
葉ニンニクと合わせたらもっとウマそうです。

連休も後半に入りましたが、前の「豆腐とツナのハンバーグ」同様にお試しあれ。

今日も拍手ボタンと人気ブログランキングボタンを押して頂ければうれしいです。

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
13:00  |  男のできちゃった料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/500-718d3822

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |