FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.10.18 (Tue)

手づくり工房 京豆庵 京都伏見

IMG_6301.jpg

伏見稲荷の続きです。薬力社から下の本殿まで降りてきました。下りの石段で
膝が笑っています。能舞台で何かやっているようです。すごい人出でよく見えません。
IMG_6288.jpg

本殿の西にある「楼 門」です。1589年豊臣秀吉による母の病悩平癒祈願の造営とか。
IMG_6292.jpg

JR駅に向かって駐車場の方へ、歩きます。「祢ざめ家」という古い店が通りの角に
有ります。相当に古い店で、創業は400年以上も前の関ヶ原の合戦の前。
天下を統一した秀吉が、母の病気平癒を祈願して、伏見稲荷の修復をした時に、ある朝早く、
秀吉が伏見稲荷を訪れました。お茶を飲みたくなったのですが、朝早くて、この店だけが
開いていました。秀吉は茶を飲んだ後で店主に、「朝早くから感心である。ワシが店の名前を
やるので、そのようにせよ、」といいました。「ねざめや」の名前です。
IMG_6308c.jpg
写真は何処かから借りてきました。
秀吉は、よほど気に入ったのか「ね」の字を秀吉の妻の「禰禰」の字を使わせました。
それが「祢ざめ屋」の始まりだといいます。しかも、前のデザウマの
生田神社で書いた、
うちの名字の中禰の「禰」で、出戸時代の改名前の刀禰の禰です。
今の店は現代の略字漢字「祢」を使っているということでしょう。

「祢ざめ家」のメニューはうどんや、丼、鰻などですが伏見稲荷名物、雀の焼鳥も
あります。稲荷の稲を食べる雀は、悪いやつだから食べてしまえということでしょうか。

で、デザウマで紹介するのは「祢ざめ家」の雀の焼鳥ではなくて、ソフトクリームです。
「祢ざめ家」から西へ歩いて踏切を渡ったところにある『手づくり工房 京豆庵』です。
IMG_6309a.jpg

決して牛乳製のソフトクリームの代用品なんかではありません。ウマいです。
代表の山口博さんがたまたま店にいて、逆さまにしても落ちないと言います。
IMG_6308.jpg

なめらかで大豆も黒豆もちゃんと味を感じます。これは一度食べてみる価値がありです。
IMG_6310.jpg

代表の山口博さんが横から「逆さまにせ~、逆さまにせ~、」とうるさいので...。
不安ですがやってみます。落ちないほど濃厚なのでは分かるけどウマけりゃいいやんか。
IMG_6311.jpg

何で「逆さまにせ~」と言うのか分かりました。受験生が食べると落ちない( ̄ω ̄)ボー
ピクチャ 3

手づくり工房 京豆庵は本店が嵐山で、支店がこの伏見と千葉県柏市にあります。
絹ごし、黒ごまきな粉、各¥250円 甘さ控えめで、豆腐の風味となめらかな舌ざわりに
感動もんです。ハーゲンダッツもウマいけど、これもウマい、そんな感じです。
チェーン展開してゆくみたいです。アメリカでも都市部ならウケると思います。

京豆庵 手づくり工房 京豆庵

京都市伏見区深草秡川町16-20
075-641-1887
10:00~18:00
不定休

拍手ボタンと人気ブログランキングボタンをポ・ポーンと押して頂ければうれしいで~す。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市伏見区


人気ブログランキングへ
18:38  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

こんなひどい店みたことないです
冗談にもなりませんよ
 |  2014.02.28(金) 20:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/588-eb4b5fb8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |