FC2ブログ
2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.11.11 (Fri)

福島第一原子力発電所による汚染事故は100%予見可能な事故だったのです

都内では過去に投棄されたラジウム高濃度汚染、千葉県では福島原発による汚染、
そして福島原発2号炉が再臨界状態との発表がありました。

11月2日 2号機キセノン検出は再臨界の可能性 暴走は多分ない 小出裕章(MBS)


2011.09.01 (Thu) に原発事故の記事をまとめを書きましたが、こんな記事が発表されましたので、これは引用紹介させて頂かねばと思います。長いですがお付き合い下さい。

東京電力福島第一原子力発電所の事故は技術的ミスで、天災でも偶然でもなく想定外でもなく、100%予見可能な事故だったと、同志社大学の山口栄一教授は主張します。山口教授は現在「FUKUSHIMAプロジェクト」委員長。技術経営の観点から原発事故の本質に迫る調査活動にあたっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ピクチャ 333

私なりに教授の論点をまとめてみました。
「東電技術者は最後の砦が機能している間に早く海水を注入すべきと判断したが、それは原子炉の廃炉を意味する。高濃度の線量の放射性物質を東北関東に、バラまく危険が迫っている1号炉の最後の砦の8時間を、東電の勝俣会長、清水社長ら経営陣は廃炉を躊躇して20時間もかけて最悪の結果を出した。

本来8時間しか余裕がないのに、東電経営陣はも20時間かかって制御不能をやっと理解して、海水注入をしたがもうすでに遅かったのです。

ほかに選択肢はなく、判断が遅れれば制御不能になることは100%予見可能できた。しかも、1号機のみならず、2号機と3号機でも海水注入までにはかなりの時間を要して、結局みんな爆発させてしまいました。これは明らかに刑法上の不作為にあたり、東京電力には原発被害のすべての責任があります。」


以下日経BP社記事のコピーを掲載させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ピクチャ 3
ピクチャ 4
ピクチャ 5
ピクチャ 12
ピクチャ 6
ピクチャ 7
ピクチャ 8
ピクチャ 10
ピクチャ 11

インタビュー形式で同じ内容が最近ネット掲載されましたのでそちらも。
●その1●その2●その3●その4●その5

そして、3月14日午前11時過ぎ、福島原発3号炉は2度にわたる水素爆発を起こして、ウラン再処理のMOX燃料のプルトニウムを東日本中にバラまきました。先日大阪の十三で聞いた小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)の言葉が浮かびます。

東日本の広域が汚染されてしまったのです。何ベクレル以下だから大丈夫なんて事はないのです。確実にガンの発症率は上がるのです。汚染された食べ物を排除はできないでしょう。大人はともかく、子供に食べさせるのだけは避けたいです、と。

もう一つ、明らかになってきた事があります。原子炉から出る核燃料廃棄物も再処理されたMOX燃料の廃棄物も、今回東日本に舞散った放射性汚染物も、捨てる場所も永久保存する場所もないのです。モンゴル政府に各国がモンゴルウランを買うから核廃棄物を捨てさせて、と言ったらバッサリ断わられました。飯舘村で大量に発見されたプルトニウム239の半減期2万4000年の時間軸で責任取れる人間など一人もいないのですから。


即刻全原子炉停止は現実的ないと多くの人が思っているようです。なら5年後ゼロにして、発電は再生可能エネルギーへ移行して、みんなが節電する。東電を解体して発送電分離。廃炉を恐れて、危機管理の出来なかった経営陣は刑事告訴で裁判としましょう。

ご賛同頂ける方はどうぞ拍手を、ランキングもお願いします。

テーマ : 許されない出来事 - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
18:30  |  地震津波被害と原発問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/592-7482d2d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |