2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.03.19 (Mon)

進化する消しゴム

このデザウマを書き出した最初の頃に「メタフィスviss(ビス)消しゴム」を紹介しましたが、
あれからまだ消しゴムの進化は続いていました。記事ではコクヨのカドケシを紹介しました。
使ってチビってきても必ず角があるので、ピンポイントで消せるとのことでしたが....。
コクヨカドケシ

実際はチビってきた角は負荷に弱くてボロッと欠けるし、以外と持ちにくいから、
消したいところをピンポイントで狙いにくいです。
コレが私の使いにくくチビッたカドケシ。汚い写真で失礼。( ̄ω ̄〃)
IMG_8101c.jpg

カドケシを含めていろいろあります。みんな消しゴムです。
st_er01.jpg

消しゴムを語るのにこの人を忘れてはなりません。高畑正幸さんです。
高畑さんは知る人ぞ知るTVチャンピオン文房具選手権の優勝者で、
現在はサンスター文具株式会社のマーケティング担当。彼自身の作品もあります。
ピクチャ 2
高畑正幸オフィシャルサイト

高畑正幸考案の消しゴム [テトラ消ゴム]2008年度グッドデザイン賞受賞
81e8db02.jpg 
            
幾何学的にどの向きにおいても最も安定した形状である正四面体を基本とした形状で、転がりにくく、また、つまんで取りやすく、手に持ったときには3つの凸が指にかけやすく持ちやすい。凸部で消すので、細かいところも狙いやすそうです。
7a92e35519.jpg

これも高畑正幸考案の消しゴム「カドがでる!けし」

カドがでるケシ2


ウ~~~~ン、( ̄  ̄;) これはどうなんでしょうか。中のカド消しゴムの出し入れがめんどくさそうです。

今回一番ビックリしたのがこの、ケスゴム。決してナマっているわけではありません。ヾ( ̄。 ̄) 
b4401a962.jpg
見てのとおりの説明不要の消ゴムです。機能性を訴える消ゴム達を鼻で笑うように、異次元の世界を見せつけている様はコクヨのカドケシ以来の画期的な消しゴムです。以外と使いやすいかも。(b ̄- ̄)

消し色いろいろですが、黒や赤ってのはどうなんでしょう。
2860005247_b246decc1e.jpg

商品名KESUGOMU
株式会社シード
価格157円
購入店舗東急ハンズ
サイズ22X20X50mm重量22g

どうぞ、今日も拍手ボタンを、ブログランキングボタンも押してください。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用


人気ブログランキングへ
18:09  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/664-e15e518c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |