FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.07.09 (Mon)

大阪北新地の老舗立ち飲み焼き鳥屋 とり甚

創業60年以上で、グルメブロガーさん達の間では有名な店で、前から行きたかった
とり甚です。朝は一階で鶏肉を捌いて、二階で串を打つ鶏肉の卸屋さん。
夕方5時半からは焼鳥屋に変身するというユニークな店です。
とり甚9562
7時過ぎに店に到着です。さすが北新地、女性達の出勤風景がアチコチに見られます。
中には同伴出勤もチラホラと。経済音痴・無策無能と無駄遣い、前例主義の官僚と
内閣と、日銀のおかげで世の中ひどい不景気です。北新地はどうなんでしょう。

入店します。奥に入ろうとしたらオバちゃんに「ソコでエエやん」と言われて、
言われるままにステンレスのカウンターへ。
とり甚9556
よく見ると奥のテレビ前の場所のカウンターはデカイまな板です。午前中の鶏の
捌いていた感があり過ぎです。

私のステンレスの立ち飲みカウンターの横には焼鳥ネタの冷蔵ケースがあります。
午前中にコレを仕込んで、新地界隈の店に届けている訳です。
9559.jpg
システムは冷蔵ケースの焼鳥の本数を言うと、オバちゃんがバスケットにポンポン
入れて行きます。伝票を付けて、揚げるものと焼くものに分けて仕上げて行きます。
一串170円からとは安いです。

生ビールいただきま~す。
とり甚9550

つくねはかなり濃い色のタレ焼きですが、味は軽いです。
とり甚9551

塩焼きものが一気にきました。右からハラミ、モモ、ズリ、心ぞうです。
とり甚9552
新地の料亭に降ろす鶏肉ですから、素材も下ごしらえ一流なのでしょう。立ち飲みですが、
この味でこの値段はビックリです。目の前のオバちゃんには悪いですが、焼き鳥の名店と
言われる店の焼きで食べて見たいです。

特選焼鳥はちょっと高い220円、でも良い肉なんでしょうね一段とウマいです。
とり甚9554

この店は大阪が相当に濃いので、下町の飲食店慣れしていない人や、関西のベタさが
いやな人には向かないお店と思います。

頼もうかどうしようか迷ったのがコレです。唐揚げ。
とり甚9557
デカイのが4個単位なので、一人でこれを行くと他が楽しめません。迷っていたら....。
写真を撮っている私に隣から声がかかります。「ブログですか、良かったら一個食べま
せんか、私ら二人でも多いんでェ」と。ブログの写真を撮っていてこんな事初めてです。
お礼を言って美味しく頂きます。この唐揚げはかなりレベルが高いです。

これが私の場所から見た店前の揚げコーナー。
とり甚9553
左にチラッと見えている人が唐揚げを分けて頂いた二人連れで、この後「何してはるん
ですか、えっプロダクトデザイン?それってどんなもんを、うちも物づくりの会社で」と
いきなり盛り上がって名刺交換となりました。たまにはこんなこともあるデザウマです。

とり甚 (とりじん)

大阪市北区曽根崎新地1-2-2
06-6341-6520
17:30~04:00
土・日曜・祝日休日

みなさんの景気回復を祈って拍手を!
デザウマにも拍手を、その下のランキングボタンもお願いします。

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
18:05  |  焼き鳥/焼き肉  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/723-0137caf7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

創業60年以上で、グルメブロガーさん達の間では有名な店で、前から行きたかったとり甚です。朝は一階で鶏肉を捌いて、二階で串を打つ鶏肉の卸屋さん。夕方5時半からは焼鳥屋に変身す...
2012/07/11(水) 02:26:23 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | HOME |