2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.09.04 (Tue)

デザインカッティングシートの可能性

何気に2008年のデザインニュースを読んでいて、第15回 CSデザイン賞の大賞受賞
作品に目が止まりました。一度は見ているはずのこの記事ですが、今からの時代の
デザインが見えるようで、ピックアップしておきたいです。
rono3.jpg

「CSデザイン賞」は中川ケミカルが、自社が扱うケッティングの未来の可能性を問う
目的で1982年に設立。以来、CSデザインの発展と向上に貢献してきたと言えます。
01-b.jpg

大賞受賞の作品は愛知県にあるジェラートの店『RONO』で、こだわりの80種類以上の
ジェラートが並ぶお店です。
rono5.jpg

余談ですが、あの浅田麻央ちゃんも行きつけだそうです。
caramel.jpg

『RONO』のお店は、店頭のガラス戸、ガラス壁、店内の腰壁などが全てカッティング
シートのパターンによって描かれています。普通は建材で造作するところを、シートの
パターンで表すことで、かえって歴史西洋建築のピュァな良さが伝わります。
rono6.jpg

店のセンスの良さと味の良さを引き出してくれるなかなかのデザインだと思います。
rono7.jpg

しかし、カッティングシートという素材を、私も良く使ってきましたが、ここまで
主役に使える素材になっている事に驚いています。
rono10.jpg

第15回 CSデザイン賞2008年大賞
イタリアンジェラート RONO(ロノ) 愛知県日進市赤池2-606
デザイナー/三宅博之、クライアント/(株)シンスケ、施工/(有)オカ巧芸

中川ケミカルの「CSデザインセンター」がありました。
長年「CSデザイン賞」を主催してきた中川ケミカルが、素材を手にとって見られて、
シミュレーションできる場所をつくっています。
東京都中央区東日本橋2-1-6 岩田屋ビル3F
03-5835-0347
月〜金:午前10時30分〜午後6時30分

このCSデザイン賞の審査員が、永井一正さんというのにビックリでした。
永井一正さんと言えば、亀倉雄策さんと一緒に、日本デザインセンター創立に参加。
サインやピクトグラムデザインで有名です。私は動物をモチーフにしたシリーズが
すきです。1929年生まれの今年83才になられます。
永井
大阪市立工芸の私の大先輩で、永井さん同様に日本のグラフィックデザイン界の
重鎮だった、早川良雄さんは92才の最後まで元気に仕事をされていたとか。
永井さんにはもっと長く、元気でお仕事を続けていただきたいです。

どうぞ、カッティングシートと永井一正さんに拍手を!デザウマにも拍手ボタンを!
最近調子の悪いランキングボタンにもお願いします。

テーマ : 店舗開発 - ジャンル : ビジネス


人気ブログランキングへ
18:05  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/755-85a838ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |