2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.11.01 (Thu)

男子ご飯の「サーモンと春菊のサラダ」

相変わらず、日曜の昼前は「男子ごはん」を見ています。
サーモン5
番組としてはケンタロウさんが戻ってくるまでの間の栗原心平くんの起用という姿勢は
変わっていないようです。ネット上では復帰はまだまだ困難と書いてあるようですが、
私も早い回復を祈るひとりです。

前回は香味じょうゆを使った「エビとネギの和えそば」を書きました。あれが結構ウマかった
ので、今回は「サーモンと春菊のサラダ」です。春菊は鍋に入れるくらいの認識しか私には
ありませんでした。それをサラダに生でって、大丈夫かと思いましたが、国文太一くんの
「ウ〜マ〜〜〜いィ!!」を信じて、つくってみます。
サーモン2

家から車ですぐの秋刀魚の一夜干し記事にも書いた、鮮魚スーパー「たこ一」の北海道の
生秋鮭です。なんと、370gで、288円。北海道で言う所のホッチャレでない事を祈ります。
身のキメが良くてシットリしているから大丈夫でしょう。
IM045.jpg
ホッチャレとは産卵後のスッカスカ身の鮭です。昔の大阪の鮭はコレが多くてマズかった
です。ホッチャレは捨てる程の魚の呼び名です。「鮭って味のないバサバサの魚やんか。」
と言われて道産子の私は悲しかった。 (;∇;)

サーモンを6〜8等分に切って塩、こしょうをふる。
IM053.jpg

春菊は葉の方を氷水にさらしてシャキッとさせ、水気をよく切っておく。
根元の硬い部分を切り、葉をちぎり茎と分けておく。
茎の硬い部分は5cm程に切る。

フライパンにオリーブ油を熱し、サーモンを焼く。
IM057.jpg
春菊の茎が硬そうならサッと炒める。火が通ったら春菊の茎は取り出す。
サーモンは周りがカリカリになったら取り出す。


器に春菊をちらし、
IM056.jpg
春菊が多かったので番組ではサーモンをしいた上から春菊ですが、まず下に敷きます。

サーモンを並べると、熱ですぐしなっとなります。
IM059.jpg

ドレッシングをかけます。材料Aを白濁するくらいよく混ぜ合わせます。
IM064.jpg

さあ、本当にウマいのでしょうか。春菊は生で行けるのでしょうか。
IM069.jpg
国文くん風に「ウ〜マ〜〜〜いィ!!」:*:・( ̄∀ ̄)・:*:です。 春菊の青い味が
ワサビでもなく、ラディッシュでもない爽やかな味わいです。
アクの感じはまったくありません。

秋鮭の皮で春菊を巻いて頂きます。 ( ̄▽ ̄)b 文句なくウマいです。
オリーブオイルでバリッと焼いた鮭の脂が春菊に良くあいます。
IM071.jpg
男子ご飯、今回もなかなかウマいです。☆(・ω・ノノ゙☆パチパチ

もう一度男子ごはん番組サイト

どうぞ今日も拍手ボタンを、ブログランキングボタンもお忘れなく。 ( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 美味しくて、オススメ! - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:03  |  男のできちゃった料理  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/780-2fe73fcd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

相変わらず、日曜の昼前は「男子ごはん」を見ています。番組としてはケンタロウさんが戻ってくるまでの間
2012/11/02(金) 14:25:11 | まっとめBLOG速報

▲PageTop

 | HOME |