2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.07.06 (Sat)

NYで大人気、ドミニク・アンセル・ベーカリーのクロナッツ

これが今、ニューヨークで大ブレイク中のデザートのクロナッツです。
0510163.jpg
ドミニク・アンセルさん考案のクロナッツ(Cronuts)は1つ5ドル。結構高いです。
0164.jpg

売り出しは5月半ばだからまだ、一ヶ月半前なのに、バンクーバーでも東京でもコピー商品が
登場しました。この人がドミニク・アンセルさん。
AnselBakery.jpg

アンセルさんはパリのFauchonで7年、NYのミシュラン3つ星レストランDanielで6年勤めて、
2009年には「全米トップ・ペストリー・シェフ10人」にも選ばれています。

そんな彼が2011年にSOHOにオープンした小さなドミニク・アンセル・ベーカリー
(Dominique Ansel Bakery
)が、このクロナッツで、今すごいことになっています。
aindex.jpg

店内はこんな細長い感じ。
dominique-ansel-bakery.jpg

米国とフランスと食文化の融合だと一目で分かるハイブリッド・ペストリーのクロナッツは、
伝統的なクロワッサンのパイ生地を丸くドーナツ状にして、それをたっぷりの油で揚げて、
クリームを詰め、メープルシロップに転がした上で軽くグレーズコーティング。
柔らかいけれどサクサクしていて、軽くて美味しいとファンは賛美。
Servercls.jpg
キッ チンやオーブンのスペースに限りがあるので、毎日作る数には限界があるのに、
達人ペストリー・シェフの「クロナッツ」(Cronuts)の味は、口コミや地元メディアを
通じて一気に評判になりました。
1oQyoqz0bx.jpg

どんどん人気が高まって、開店1時間前の7時過ぎから行列に並んでも売り切れという状況。
あまりに入手困難なため、 クレイグスリスト (Craigslist、地域情報コミュニティサイト)に
あなたの代わりにクロナッツを1つ40ドルで買ってきます・・・との投稿まで登場。
3505353.jpg
定価は1つ5ドルだから10倍の値段で、「クロナッツブラック・マーケット誕生か?」という
ニュースに。しかも、人気のため「一人6つまで」しか買えないと書いてあったのが、今は
沢山の人に食べて欲しいからとの店の方針で「一人2つまで」。

ニュース動画がありました。


日本で発売するのは、ドミニク・アンセル・ベーカリーとは無関係の静岡県が本社の
ベーカリーチェーンのバンデロール。オリジナルよりドーナッツ寄りの感じです。
589tn600399.jpg
全国店舗81店で発売されるクロワッサンドーナッツは、同社独自の生地と製法で、日本人の
嗜好に合わせてカロリーと甘さ控えめの大人向けの味に仕上げたものとか。
私は日本製よりニューヨークで5ドルのオリジナルクロナッツを食べてみたいです。

どうぞ、人気ブログランキングボタンを押していってください!


テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:36  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
職務経歴書 |  2013.09.11(水) 15:17 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2014.02.18(火) 20:36 |  |  【編集】

参考になりました
株の初心者 |  2014.07.11(金) 10:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/907-047af294

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |