FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.06.12 (Fri)

私の地味な仕事その3 大阪ガスのガスコック

私が最初に勤めたデザイン会社のクライアントに大阪ガスがありました。
当時大阪ガスはカロリーアップ化を推進中でした。
カロリーアップされたガスはそれだけガス漏れ事故の被害は大きくなります。
gasu2.jpg

そして1970年4月8日夕刻にあの惨事が起こりました。天神橋筋六丁目交差点近くのガス爆発事故です。
その一か月前から開催中の大阪万博の人気だった、「ガスパビリオン」のガスの泡に点火する炎ショーは事故の翌日から、二度と点火されませんでした。

現場は天神橋筋6丁目の交差点から少し東の国分寺近くで写真の白い円。
qa614e78.jpg

事故は通りかかった車がエンストし、エンジン再スタートの時に燃料に引火して車両火災を起こしたのが始まりでした。
qaf7355e2.jpg
(開催中の大阪万博のロゴマークの入った地下鉄谷町線工事のやぐらが見えます。)

写真奥の火の塊が火災車両で、天六商店街などから大勢の見物人が集まって来たその時、
qac872f27f1da8.jpg
(写真右奥に地下鉄工事中のやぐら2本が見えます。)

地下鉄工事中の都市ガス管の継手部分が抜けて、ガスが地下に充満していて、そのガスに車両火災の火が引火して、地中のガス管を巻き込んで大爆発。集まった見物人を含む死者重軽傷者500人を出す大惨事となってしまいました。

この写真は上の写真とほぼ同じアングルの爆発直後の写真のよう手前のやぐらは焼け落ちて、地下鉄工事中の路上を覆う分厚いコンクリート板が散乱しています。
qa75c265a2cbfd0.jpg

すぐに大阪中でガス漏れの一斉点検が始まり、一般家庭のガスコックも見直しとなりました。当時のコックは鉄製の穴の空いた小さな楕円リングを回すだけのコックでした。これがきっちり閉まっているのかとてもが分かりにくく、ガス漏れ事故の原因とされました。

1971年は現状のガスコックの安全確保が優先で、鉄製の楕円リングだけを押し回し機構付きの樹脂コックに取り換えて、本体には樹脂メッキのカバーを被せました。後に樹脂コックはそのまま使って新規に本体をデザインしました。その形が現在に至っています。

写真の右が事故当時のガスコック。左が私が最初にデザインした改良部品取り付け後の姿です。
qakokkuges.jpg

この年に写真のガスコックのニューデザインを当時D産業デザイン研究所に入社したてでぺーぺーの私が、工業デザイン室の井上斌策室長(後の京都精華大学プロダクトデザイン学科長)の指導の下に担当する事になります。
979779049_116.jpg

ガス栓がわずかに開いていてもすぐ分かるようにコック頭部から前方に白ライン(最初のモデルはアルミ染色板貼り。)を引いて、ツマミは黒の熱硬化性樹脂にして、押し回しコックにしました。

「つまみやすく、押しやすく、回しやすく、締めやすい」形をクレイ粘土と格闘したのを覚えています。だから、今でもラインが何となく粘土っぽいです。これは私の友人宅のものですが、2009年現在で35年物以上でしょう。使い込まれた風格を感じます。
979779049_94.jpg

製造を担当したのは京都の「藤井合金」という会社。二度と事故は起こせないという、大阪ガスの社運のかかった突貫プロジェクトでした。
979779049_214.jpg

関西ではどこの家庭やお店にもあるこのガスコック。 後に大阪デザインセンターのデザイン選定製品にして頂き、私の最初のデザイン賞受賞作品となりました。 このデザイン原型は私のロングライフデザインです。

みなさんがおうちのガスコックを触る時に、そんな誕生秘話を思い出して頂ければ幸いです。

テーマ : デザインの話 - ジャンル : ビジネス


人気ブログランキングへ
19:05  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

な、懐かし~

お知り合いなのでこれまでコメントしませんでしたが、
ガス・パビリオンの写真を見て、思わず投稿してしまいました。
40年近く前なのに、今でもリアルに覚えています。
ある意味、映画の「イージー・ライダー」と並んで、僕の感性のベクトルを決定づけたものです。
ガス・パビリオンのテーマは「笑い」。
一面に描かれたミロの壁画の衝撃は忘れられません。
あれから、僕は芸術に、鮮やかでクスリとくるユーモアを求めるようになりました。
もちろん、今でもジョアン・ミロが大好きです。
上映されていたのはクレイジー・キャッツの、EXPOのための特別編。
最後はスクリーンから本物の車が飛び出してきました。

後先になりましたが、このガスコック。うちの実家にずっとあったものです。
先日のタップといい、身近なデザインがケンさんの手によるものと知って、何か感慨深いものがありますね。
ダツマ |  2009.06.16(火) 00:42 | URL |  【編集】

そうか...。40年なんやね。

ダツマさん、ようこそ。
大阪万博では私の女友達がみどり館のコンパニオンをしていて、平日の夕方から内緒で入れてもらい、カナダ館のパーティに紛れて悪い事をしてました。v-272

たいていどこの家庭でも、このコックかタップはありますね。不思議なもので、これらを見るとあの時代の場面が目の前に浮かびます。私の不良時代です。v-17
けんさん |  2009.06.16(火) 10:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/92-a7262635

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |