2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.11.25 (Mon)

デザウマニューヨーク特派員レポート

今年5月からニューヨークでスタートしたバイク・シェアリングシステムCiti Bikeの人気が
急上昇中です。
photo 1

路上のステーションにてセルフサービスで貸出・返却を行います。メインスポンサーが
シティバンクなのでシティバイクと命名されました。シティバンクを中心に民間企業からの
資金を使い、税金は全く投入されて いません。
hallie-citi-bike-blog.jpg

ニューヨークのCiti Bikeはマンハッタンとブルックリンに約330カ所の駐輪場と数千台の
シェアサイクルを整備して、すでに9万人以上が会員登録し、3万5000人以上の旅行者が
利用しているそうです。
photo4.jpg

1年中24時間いつでも利用できて、各駐輪場にシステム端末が置かれ、クレジットカードで
料金を支払い、キーロックを解除して、自転車に乗って行先の最寄りの駐輪所へ返すという
シンプルな仕組みです。(MasterまたはVISAのクレジットカードを持っていることが条件。

photo 3

料金設定は最初の30分が無料で、以降30分ごとに4、9、12ドルと加算されて行きます。
1日パスが9.95ドル、一週間パスは25ドル、1年パス=95ドル。
The_City_with_Citi_Bikes.jpg

16歳以上なら観光客も利用できます。最寄りの駅や使用できる自転車の有無などの情報を
リアルタイムで検索できるスマートフォン向けアプリもあります。

どの駐輪場で借りて、どの駐輪場へ返してもOKで、行きはシティバイク、帰りは地下鉄という
使い方もOKです。1日会員と7日会員はパス料金の料金支払い時に5ケタのコードを提示され、
自転車に設置されたキーパッドにコードを入力するとロックが解除されます。

動画があります。


私は日本、特に放置自転車王国の大阪では速攻で導入すべきとおもったら、すでに始まって
いました。「ハブチャリ」の名前です。
topics_102.jpg

ただ、今のところ規模は小さく、事業の主旨もニューヨークとはちょっと違っていて、
大阪のコミュニティ・サイクル事業を通じて、放置自転車問題の解決を目指し、同時に
生活保護を受給されている方の就労支援をする事業となっています。

24100201.jpg
ハブチャリ
この方式ではニューヨークのように一気には広がりませんし、駅前放置も無くなりません。
他にも実験的にCOIDECOなんかもありますが、まだまだ規模が小さ過ぎます。
やらないよりははるかにましなのですが、何か方法はないものでしょうか。橋元市長。

前回のデザウマニューヨーク特派員レポート
●イギリスのグラフィティアーティストBanksyのユニークなマンハッタンプロジェクト


どうぞ、デザウマ人気ブログランキングボタンに愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
18:01  |  ニューヨーク特派員レポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/976-2b8fcd92

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |