2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.12.11 (Wed)

Act Against AIDS 2013 桑田佳祐 『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』

先週4日にパシフィコ横浜で、桑田佳祐『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』が
4年ぶりに開催されました。(このステージは8日にWOWOWで放送されました。)
wwwwwゴ
当日のチケットを取ろうとしたのですが無理で、梅田のパブリックビューイングで我慢します。
選んだ会場は大阪のシネマの中では一番新しい大阪ステーションシティシネマ
qqMG_0408.jpg

今日は4時間近くこの椅子に座るのですが、ここの椅子はお尻が痛くなりませんし、
ハイバックで後ろが気にならないなかなかの優れものです。
aa135473_4.jpg

チケットです。
13120qqq602.jpg

こんなものを渡されます。
qqMG_0127.jpg

あとで広げるとメッセ―ジ入りの組立扇子でした。
aaMG_0045.jpg

ステージはこんなナレーションで始まります....。

『東京オリン ピックが開催された頃の高度成長期に幼少時代を過ごした桑田佳祐の
音楽においても礎の一つとなっている。
2020年の東京オリンピック開催が決定した今年、“昭和八十八年”に、再び桑田佳祐による、
あの「ひとり紅白歌合戦」が甦ります。』
13120qq.jpg

1993年に始まったエイズについての啓発活動を行なっているAAA(Act Against AIDS)の
活動の一環で開催され、収益は活動に寄付されます。
1312qqq0602.jpg

今年の夏のサザンオールスターズ35周年ライブでも感じたのが、この日はフルコーラスでは
ないにしても全55曲4時間近いステージを間一日休んだだけで4日間を歌い上げる歌手、
桑田佳祐の凄さです。食道がん手術で、食道と胃をつなげる手術をした人とは思えない
パワフルな57才です。
この日のセットリストです。私は全曲知ってましたし、歌詞があれば半分は歌えました。
01[白]東京ラプソディ(藤山一郎 1936年)
02[紅]銀座カンカン娘(高峰秀子 1949)

GS・ビート歌謡対決
03[白]銀河のロマンス(ザ・タイガース 1968)
04[紅]虹色の湖(中村晃子 1967)
05[白]スワンの涙(オックス 1968)
06[紅]涙の季節(ピンキーとキラーズ 1969)
07[白]小さなスナック(パープル・シャドウズ 1968)
08[紅]涙のかわくまで(西田佐知子 1967)
09[白]エメラルドの伝説(ザ・テンプターズ 1968)
10[紅]京都の恋(渚ゆう子 1970)

フォークソングからニューミュージック対決
11[白]若者たち(ブロード・サイド・フォー 1966)
12[紅]この広い野原いっぱい(森山良子 1967)
13[白]風(はしだのりひことシューベルツ 1969)
14[紅]なごり雪(イルカ 1974)
15[白]22才の別れ(風 1975)
16[紅]わかれうた(中島みゆき 1977)

バブルからの贈り物…対決
17[白]I LOVE YOU(尾崎豊 1991)
18[紅]恋におちて -Fall in love-(小林明子 1985)
19[白]リバーサイドホテル(井上陽水 1982)
20[紅]桃色吐息(高橋真梨子 1984)
21[白]遠く遠く(槇原敬之 1992)
22[紅]春よ、来い(松任谷由実 1994)

昭和歌謡大ヒットメドレー
23[白]グッドナイトベイビー(ザ・キング・トーンズ 1969)
24[紅]小指の想い出(伊東ゆかり 1967)
25[白]星のフラメンコ(西郷輝彦 1966)
26[紅]太陽がくれた季節(青い三角定規 1972)
27[白]傷だらけのローラ(西城秀樹 1974)
28[紅]手紙(由紀さおり 1970)
29[白]港町ブルース(森進一 1969)
30[紅]恋の奴隷(奥村チヨ 1970)
31[白]シクラメンのかほり(布施明 1975)
32[紅]みずいろの手紙(あべ静江 1973)
33[白]東京砂漠~(ヅラ山田洋とクール・ファイブ 1976)
34[紅]北の宿から(都はるみ 1975)
35[白]見上げてごらん夜の星を(坂本九 1963)
36[紅]喝采(ちあきなおみ 1972)

時空を超えた異色対決

37[白]ドリフメドレー(ザ・ドリフターズ)
38[紅]Jupiter(平原綾香 2003)

やっぱり現役も負けてられないよね!!対決

39[紅]カブトムシ(aiko 1999)
40[紅]ありがとう(いきものがかり 2010)
41[白]イージュー★ライダー(奥田民生 1996)
42[白]やさしくなりたい(斉藤和義 2011)

TOKIOロックスター対決
43[紅]六本木心中(アン・ルイス 1984)
44[白]TOKIO(沢田研二 1980)

スーパーアイドル対決
45[紅]なんてったってアイドル(小泉今日子 1985)
46[白]男の子女の子(郷ひろみ 1972)

【R15指定!愛と欲望の守護神対決】
47[紅]どうにもとまらない(山本リンダ 1972)
48[白]東京五輪音頭~Born This Way(ジジイ・ガガ1964~2011)

アンコール
49[白]SOMEDAY(佐野元春 1981)
50[紅]ひだまりの詩(Le Couple 1997)
51[白]アンパンマンのマーチ(ドリーミング 1988)
52[紅]愛のさざなみ(島倉千代子 1968)
53[白]帰ろかな(北島三郎 1965)
54[紅]川の流れのように(美空ひばり 1989)
55[紅白]笑って許して(和田アキ男 1970)


楽しいライブビューイングでしたが唯一残念だったのは音です。最新の音響設備のシネマ
なのに横浜からの音を伝える大元のシステムがショボイからでしょう。音が薄っぺたくて
迫力不足でした。

もう戻ってこない、古き良き時代の大晦日の紅白歌合戦の賑わいですが、実力のある
シンガーが、一人紅白のような企画をするのはとても面白いと思います。
やって欲しいと思うシンガーはドリカムの吉田美和や久保田利伸あたりでしょうか。
それぞれは紅白に分かれて、というのも楽しそうです。

ラス前のこれにはびっくりしました。54曲目[紅]川の流れのように(美空ひばり 1989)
ひとりaaa


さあ、どうぞデザウマの人気ブログランキングにあなたの愛のひと押しを!!

テーマ : サザンオールスターズ - ジャンル : 音楽


人気ブログランキングへ
18:06  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/986-f7e7d755

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |